FC2ブログ









2016年9月・北海道の旅 その33 ~4日目 五郎さんの拾って来た家・五郎の石の家~

今回は”2016年9月・北海道の旅 その33”をお送りします。

401_20170428165516c82.jpg

今回は富良野観光の模様をお送りします。。

396_201704281655136ee.jpg

「北の国から」の五郎さんが作った”拾ってきた家”を見てきました。

394_20170428165520246.jpg

「北の国から」今でも人気ありますよね。
産まれたころにはじまったドラマだったので、大きくなるにしたがってたまにやる2時間ドラマくらいの雰囲気で認識していました。

402_20170428165517176.jpg

田舎とは言え関東の片隅に住んでいる身としては、この世界の出来事はフィクションのように見える世界で。

395_20170428165522193.jpg

こんなに地域の人たちが集まっていたり、家のことに首突っ込んできたりとか。
もうこれはホラーなのか?とも思える状態ばかりでして。

400_20170428165514193.jpg

五郎さんの子どもに生まれなくてよかった…と思ってしまう自分がいまして。

410_20170428165543e9f.jpg

結果的に純や蛍がとんでもない人生を送ってしまうのもわからないでもないような気がして。

418_20170428165547dfd.jpg

見続けているとなかなか鬱になってしまいますが、なぜか見てしまうわけで。

412_20170428165546c6f.jpg

つづいて、五郎さんの石の家を見に行きました。

419_20170428165549ef0.jpg

リアルタイムには見ていない世代なので、たぶんリアルタイムで感じられる空気感というのはわかりかね、感じ取れていない部分が多くありそうです。

420_20170428170236428.jpg

リアルで純くんと内田有紀が結婚したのにはうれしく思えたのですが…
離婚されたのはちょっとさみしく思えます。
勝手な視聴者心理ってやつですね。

424_20170428170242f6b.jpg

見ていて雪子おばさんがかわいそうで仕方ない気持ちになってしまいます。
あんなによそ者に排他的なのですか。地方って。
こわすぎます。

429_20170428171328ec1.jpg

いろんなものを見ながら、あーでもないこーでもないと話したかったのですが、家族はまったく興味なし。
ならばなぜ一緒に行ったのだ?

425_20170428171324a96.jpg

けれど、そんな気持ちも気にならないくらい、気持ちのいい自然に癒されて過ごした時間でした。

428_201704281713272e2.jpg

スタンプもいくつか押せました。

546_20170428171836847.jpg 
585_201704281718396a9.jpg
583_2017042817183726c.jpg

もう少し富良野を楽しみます。
次回へつづく。

426_2017042817132570e.jpg
 

スポンサーサイト



[ 2017/05/22 19:00 ] その他 | TB(0) | CM(2)

こんばんは。

♪あ~あ~あああああ~ああ~…

失礼いたしました。

忠実に歌うと相当ウザくなるだろうなので止めますが(笑)、
さすがに不定期とはいえ大長寿なドラマだけあって、
すごいことになってるんですね。

私はまったくまともに見たことはないのですが、
その世界観はなぜか何となく知ってまして、
ご記事も何となく純のモノローグになっているような…
ってのも、何となくわかります(笑)。

でも、どこまでのことなのかは分かりかねますが、
内陸はやや排他的というのは、
分からない気がしないでもありません。。

倉本聰氏の本意は、それこそ見てないので分かりませんが、
実際に見て、行って、知ってみたくありますね。
[ 2017/05/22 21:57 ] [ 編集 ]

あいあんさいど さま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

> ♪あ~あ~あああああ~ああ~…
>失礼いたしました。
> 忠実に歌うと相当ウザくなるだろうなので止めますが(笑)、

あああああああーああああー…(笑)
止まらない”あ”の応酬。さすがさだのまっさん。

> さすがに不定期とはいえ大長寿なドラマだけあって、
> すごいことになってるんですね。
> 私はまったくまともに見たことはないのですが、
> その世界観はなぜか何となく知ってまして、
> ご記事も何となく純のモノローグになっているような…
> ってのも、何となくわかります(笑)。

わたしも詳しい方ではないのですが…何度か再放送がある度に見ています。
やっぱり基本は純風味になってしまうか、五郎さんのモノマネをしてしまうかの2拓になりますねー(笑)
>
> でも、どこまでのことなのかは分かりかねますが、
> 内陸はやや排他的というのは、
> 分からない気がしないでもありません。。
>
> 倉本聰氏の本意は、それこそ見てないので分かりませんが、
> 実際に見て、行って、知ってみたくありますね。

時代が違うのもありますが、わたしの生きてきた環境ではまったくありえない排他感に、今のこの時代では見る人を選ぶ物語ではないかと感じます。
昔の長淵とかにも感じる東京への憧れと言う名のコンプレックスみたいなのとかを純たちも激しく感じている場面なども多く見受けましたが、やはりどうしてもわかりかねるというのが正直なところです。
今も現在進行形で昨年の再放送の録画をコツコツ見ていますが…何回か見ていながら、そもそも長いので、全体像を把握しきれません(笑)
[ 2017/05/23 16:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetsumatsu.blog.fc2.com/tb.php/934-68412d10