FC2ブログ









2016年3月・鹿児島の旅 その2~枕崎駅~

今回は”2016年3月・鹿児島の旅 その2”をお送りします。
   014_20160725214134de7.jpg
今回は枕崎駅の模様をお送りします。
   016_20160725214139bf0.jpg
駅前観光案内所から少し歩くと枕崎駅があります。
ちょっとひっそりしたところにあって、ちょっとだけ気づきにくい印象です。
   015_20160725214137d9f.jpg
駅舎はこじんまり。
でも新しげでかわいらしい印象です。
   018_20160725215034b4d.jpg
2013年にこの駅舎ができたそうです。
昔ながらのかつお節製造工場をイメージしての建物デザインだそうです。
またもかつお。。
   024_20160725215902290.jpg
駅名の相撲文字は、枕崎市出身の立行司・第36代木村庄之助のものだそうです。
りりしい印象のある行司さんというイメージを持っています。
この頃は立行司の入れ替わりが多く、今の空位状態とは真逆の状態だったように思います。
   028_20160725215901515.jpg
駅舎の入口から駅前を見ると凹凸があるように見えるトリックアートが施されています。
   042_201607252206186b2.jpg 
うーん。
見えなくもない。。
   043_20160725220621c2f.jpg
駅前にはかつお節行商の像がありました。
やはりかつお節の街なんですね。
   017_2016072521504103c.jpg
   047_201607252206389dd.jpg
すっきりした駅前で、のんびりした気分になれました。
   048_20160725220639c39.jpg
またもかつお出現。
   029_20160725220531fc4.jpg
駅の中へ入ります。
   034_201607252205491a5.jpg
みごとな六角形ー。
狭いけど高さのある独特の空気の漂う待合室。
かなり好きです。
   041_20160725220617afc.jpg
レトロを装った新しいものは個人的には好物です。
   038_20160725220546dc0.jpg
駅舎には”山幸彦”の像があります。
山幸彦とは日本の神話に出てくる人物で、浦島太郎のおはなしのもとになっていると言われているそうです。
   040_20160725220624863.jpg
願掛けするとなにかあるのかしら?
   039_20160725220547ebd.jpg
で。
例の山幸彦はどこだ?とキョロキョロしてたら…こんなところにいた!!
○ルソックの○田ネキ様のように意外なところにいらっしゃいました。。
   036_20160725220543584.jpg
まだまだ駅を見てみます。
次回へつづく。

スポンサーサイト



[ 2016/08/24 21:21 ] 乗り鉄 | TB(0) | CM(2)

こんにちは。

鹿児島の駅は末端区間になればなるほど
最果てに着たなぁと思いますが
北の北海道と南の鹿児島は同じようなにおいがします。

前にも話しましたが鹿児島は1度きりであれ以来訪問が
実現してませんが枕崎駅は訪問したい駅の1つに上がってます。

が指宿から先は列車本数が極端に少なく
制覇するには難易度が高そうです。
出来れば先代の味のある旧駅舎時代に
訪れてみたかったですが・・・。
トリックアートは答えがバレてしまいますが
鹿児島県を模ってますが遊び心があって
飽きさせない演出も重要ですね。

鹿児島の旅記録のつづき楽しみにしてますね。
[ 2016/08/25 04:03 ] [ 編集 ]

burning s さま

こんにちは。
いつもありがとうございます。

> 鹿児島の駅は末端区間になればなるほど
> 最果てに着たなぁと思いますが

そうですねー。
来たなぁ…と不思議な気持ちになりますね。

> 北の北海道と南の鹿児島は同じようなにおいがします。

なんかそんな予感はします!
北海道の北部も同じ気持ちになれそうですが、そのあたりには行ったことがないので、いつか行ってみたいです

> が指宿から先は列車本数が極端に少なく
> 制覇するには難易度が高そうです。

ダイヤが難敵ですよね。
もう、ピンポイントで攻めるしかない場所でしょうね。

> トリックアートは答えがバレてしまいますが
> 鹿児島県を模ってますが遊び心があって
> 飽きさせない演出も重要ですね。

いろいろと趣向を凝らしていたので、楽しめる駅でしたよ。
古い駅の趣も素敵ですが、新しい駅の創意工夫を感じるのも楽しいです。

> 鹿児島の旅記録のつづき楽しみにしてますね。

ありがとうございます!
たぶんグダりますが、あたたかく見守ってください(笑)
[ 2016/08/25 16:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tetsumatsu.blog.fc2.com/tb.php/662-9b57b649