FC2ブログ









2016年10月・小田急ファミリー鉄道展2016 その1~出発-海老名車両基地~

今回からは”2016年10月・小田急ファミリー鉄道展2016”編をお送りします。

085_2017051418113526f.jpg

今回からは昨年10月の”小田急ファミリー鉄道展2016”編に入ります。
もう少しリアルタイムに近づきたいと思って常にブログを進めていますが、まだまだ10月の出来事。
季節感完全無視していますが、そのうちちょうど1年前の出来事になって季節感関係なくなりそうな気がします。

さて、本題。
まだまだ暑い10月、小田急のイベントにぶらりと行ってきました。

087_20170514181129abc.jpg

会場は海老名。
結構近いので本当にぶらりという感覚で行かれました。

086_20170514181128780.jpg

海老名に到着。
ビナウォークがない側に基地があります。
なんかできている。
気になりますが…今回はスルーです。

088_20170514181130ec6.jpg

海老名車両基地に到着。

089_20170514181132082.jpg
混んでます。
入口から行列できてました。

090_201705141811332be.jpg

車両以外の展示から見ていきます。

092_2017051418321337f.jpg

毎度のことながら、知識は増えておらず、初見のように見てしまいます。

091_20170514183212fd9.jpg

そしてメイン。

096_20170514183216993.jpg

今回は小田急4000形、メトロ16000(千代田線)、JR233系が展示されています。
昨年も似たようなラインナップだったような気が…。。

093_20170514183214b22.jpg

小田急と言えば、のロマンスカーは事前申込制の運転士体験でしようしているので、一般ピープルのわたしには拝むことはできず。。

106_201705141843493ad.jpg

あとは適当にぶらりとして適当に楽しみました。

105_2017051418434803e.jpg

最後はロマンスカーの写真展を見て…

102_201705141843440dd.jpg

車両基地をあとにします。
ロマンスカーってやっぱり絵になるなーと感心しきりでした。

103_20170514184345fac.jpg

次回へつづく。

104_20170514184347e76.jpg

スポンサーサイト



[ 2017/05/31 19:00 ] 鉄道イベント | TB(0) | CM(0)

2016年10月・横浜線と京急大師線 その5~京急・川崎大師駅-帰路~

今回は”横浜線と京急大師線編 その5”をお送りします。

060_20170501224519f4a.jpg

今回はこの旅最終回。
小島新田駅からです。

059_20170501224518a65.jpg

京急大師線終点です。
京急大師線完乗です。

061_20170501224520cfa.jpg 

乗ってきた電車を見送って改札を出ます。

062_20170501224522d69.jpg 

少し外を歩きます。

063_20170501224523569.jpg 

駅前にはコンビニはあるものの、めぼしい何かがあるわけでなく…
さて、どうしようと辺りをキョロキョロとしつつ歩き続けました。

064_2017050122470816b.jpg

歩道橋を登ってみることに。
なかなか眺めがいいです。

065_201705012247108fc.jpg

貨物の基地?のようなものも見えます。
ここは飽きないです。
しかし、ちょうど帰宅時間で人々の流れと逆流。
なかなか気まずい場面が多く、短時間で退散。。
これはリベンジ必至です。

066_20170501224713d09.jpg

短い時間でしたが、結構楽しかった大師線の旅。
ここで終了です。

069_2017050122471500c.jpg

今回の旅で京急線は完乗しました。
スタンプはまだいくつか押していないところもありますが、一区切りです。

070_201705012247169e1.jpg

このまま帰宅です。
おつかれさまでした。

071_20170501225918c8d.jpg 

次回からは 
2016年10月・小田急ファミリー鉄道展2016
2016年10月・「2016荒川線の日記念イベント」・都電と都営地下鉄めぐり
2016年10月・神戸の旅
をお送りします。 

今後ともよろしくお願いいたします
[ 2017/05/30 19:00 ] 乗り鉄 | TB(0) | CM(0)

2016年10月・横浜線と京急大師線 その4~東海道線・川崎駅-京急・川崎大師駅~

今回は”横浜線と京急大師線編 その4”をお送りします。

044_20170501004351bbc.jpg

今回は川崎から。
JRから京急に乗り換えます。

046_2017050100435392e.jpg

今回は大師線に乗ります。

051_20170501005319a04.jpg

未乗区間なので少しワクワクしています。

048_201705010043566c4.jpg

京急・大師線は京急川崎駅と小島新田を結ぶ路線。
7駅、4.5キロという短い路線です。

049_201705010053163f1.jpg

なかなかディープなところを通るので、いつか全駅めぐりも考えています。

047_20170501004354600.jpg

と、そうこうも言ってられないのです。
立体交差事業中で地下化が予定されているのです。
車窓を楽しめるのも期限付きなので、あんまりのんびり”いつか”なんて言ってられないですね。

053_20170501005322e19.jpg

そんなわけで、少し混雑していましたが、車窓を楽しみました。

054_201705010100332a0.jpg

川崎大師駅で下車します。

055_20170501010034ed6.jpg

だいぶ日が暮れてきました。
本当は帰りたいところですが、なんとなく半端なので、もう少し頑張ります。

056_201705010100357fb.jpg

暗い通路にラウワンの案内。
なかなかカオスです。

058_20170501010038bc5.jpg

川崎大師の門前駅としての雰囲気が出ています。
川崎大師もずいぶんと行っていないので、今度はお詣りと沿線歩きで1日過ごしたいです。

057_20170501010037429.jpg

駅スタンプを押します。

073_20170501223257c4c.jpg

スタンプデザインはやはり大師の本堂。
ステキですね。

074_201705012232599c6.jpg

ダルマのデザインもありました。

076_201705012233006c4.jpg

次回へつづく。

[ 2017/05/29 19:00 ] 乗り鉄 | TB(0) | CM(0)

2016年10月・横浜線と京急大師線 その3~相模線・寒川駅-茅ヶ崎駅~

今回は”横浜線と京急大師線編 その3”をお送りします。

026_20170430230728da3.jpg

今回は相模線・寒川駅からです。

030_20170430233633436.jpg

相模線に乗ったのはいつぶりだったのだろうというくらい久しぶりでした。

027_20170430230730da5.jpg 

さみしいホーム。

029_20170430233631813.jpg

駅名は寒川ですが、あの有名な寒川神社の最寄駅ではありません。

031_20170430233634378.jpg

窓口がお休みでした。
駅スタンプどうしよう…とオタオタしていましたが、さらして置いてあったので、無事に押せました。

028_20170430233630a5e.jpg   

082_20170501001030fe8.jpg

そして暇を持て余す。。
ただただ線路を眺めながらぼんやりと過ごしていました。

032_20170430233636be4.jpg

しばらく待って、電車がやってきました。

033_20170501003329a80.jpg

少し古い型の車両に揺られつつのんびりと過ごします。
相模線は駅めぐりをきちんとしたことがないので、いつか、また。

035_2017050100333198e.jpg

このへんで205系に乗れるのもなかなかないので。
貴重な時間です。

038_20170501003543b65.jpg

ドアの注意喚起シールが地域のゆるキャラになっていました。
こちらはあゆコロちゃん。
厚木のゆるキャラです。

036_20170501003332693.jpg

こちらは茅ヶ崎市の”えぼし麻呂”
「あぶないぞよ!」
キャラ設定も守られてます。

037_201705010033344bd.jpg

終点茅ヶ崎駅に到着。

034_20170501003330609.jpg
 039_20170501003544747.jpg041_20170501003547756.jpg

駅スタンプを押します。
デザインはサザンビーチと烏帽子岩。
「希望の轍」が脳内再生されます。
カラオケでイントロ部分のシャウトをしてほしい、というかしない人はなんか嫌です。。
(個人の感想です)

083_2017050100102823e.jpg

相模線から東海道線に乗り換えて旅をつづけます。

042_201705010035497e7.jpg

次回へつづく。

[ 2017/05/28 19:00 ] 乗り鉄 | TB(0) | CM(2)

2016年10月・横浜線と京急大師線 その2~横浜線・矢部駅-相模原駅~

今回は”横浜線と京急大師線編 その2”をお送りします。

008_201704301305046b1.jpg

引きつづき横浜線のスタンプ集めをつづけます。
今回は矢部駅からです。

014_2017043013141326c.jpg

”相模総合補給廠”というべき軍基地の補給施設が近くにあるようで、何があるわけでもないんでしょうけれども、なんとなく物々しく感じてしまいました。
それ以前に存在を知らなかった無知さに少し反省しながら…でした。

016_20170430131417418.jpg

駅の外を歩かなかったのですが、今度街歩きするのも楽しいかも、なんて思いました。

080_201704301318512da.jpg

スタンプを押して次へ進みます。

017_20170430131419e38.jpg

次は相模原駅。

019_2017043023013559b.jpg

まずは駅スタンプ。
相模原市民桜まつりがデザインされています。

081_20170430131853b5d.jpg

少し時間があったので、ホームをぶらり。

020_20170430230136f58.jpg

実は地味に駅の自販機のジュース観察が好きなんです。
特にJR東日本の自販機。

022_20170430230140d27.jpg

あんまりジュース飲まないし、冷たい飲み物飲むとおなかこわすので、あまり外では飲まないようにしているので、買う機会はないのですが、とにかく観察するのが好きなんです。
新商品の珍しみというか…そういうのを見るのが好きなんですよねー。

021_201704302301376b5.jpg

最近は観察はしているものの、撮影してなかったので、またコツコツ観察をつづけようと思います。
というより、思い直しました。
ココナッツミルク…500mlはちょっと多いよね。

023_20170430230723366.jpg

そんなことをしつつ、相模原から橋本で相模線に乗り換えます。

024_201704302307256c9.jpg

次回へつづく。

[ 2017/05/27 19:00 ] 乗り鉄 | TB(0) | CM(0)

2016年10月・横浜線と京急大師線 その1~出発-横浜線・淵野辺駅~

今回からは”横浜線と京急大師線”をお送りします。

003_20170428235620b79.jpg

今回からは近場ふらりシリーズ。
昨年秋の横浜線と京急大師線のスタンプ集めに出かけたときの模様をお送りします。

004_20170428235622a0d.jpg

近すぎる路線のスタンプって、いつでも押せるからいいや・・・という気持ちでずっと放置し続けていました。
しかし、そろそろJRに関しては関東地方のスタンプを結構あつめたので、ちょっと空白として目につくかんじになってきて、気になっていました。

006_201704282356255c5.jpg

まぁそんなわけで今回は成瀬駅から。

002_20170428235619df1.jpg 

そういえば降りたことなかったかも。

 005_201704282356235ef.jpg  

でも、のんびりすることもなく、駅スタンプを押して次へ進みます。

077_2017043012425787d.jpg

次は古淵駅。

012_20170430130517093.jpg

こちらも駅スタンプだけ押して次へ進みます。
並木のデザイン気になります。
いい景色の場所がありそう。

078_201704301242593b4.jpg

次へ淵野辺駅。

013_20170430131412ef7.jpg

駅スタンプを押して次へ進みます。
淵野辺駅と言えば、駅前の公園に保存してあるSLが知られています。

079_20170430131850258.jpg

次回へつづく。

[ 2017/05/26 19:00 ] 乗り鉄 | TB(0) | CM(0)

2016年9月・北海道の旅 その36 ~4日目 根室本線・幾寅駅-帰路~

今回は”2016年9月・北海道の旅 その36”をお送りします。

475_20170428185425bf5.jpg

まだまだ駅めぐり。
今回は幾寅駅からです。

476_20170428185426d03.jpg

「幾寅駅」なのに看板は「幌舞駅」
????

479_20170428190434836.jpg 

謎だらけでしたが、どうやら映画「鉄道員」のロケ地だったそうです。

478_20170428190432b1d.jpg

駅内には映画の展示が多くあり、見どころ満載です。

480_20170428190435dbb.jpg

広末涼子の若さに時の流れを感じます。
同年代なので。なおさら。。

481_20170428190436472.jpg

ほかにも、映画で実際に使われていたものがたくさん展示されていました。

483_20170428190837dfb.jpg

この映画は見ていないので、いつかは見てみようかなという気持ちになりました。

482_20170428190836d51.jpg

家族は興味津々でしたので、ほっておいてひとりで外に出ます。

486_201704281908421ad.jpg

外には映画で使われた「だるま食堂」や車両なども展示されていました。

477_201704281904318bf.jpg

駅というより、映画の記念館のような雰囲気の場所でした。
この時も現在も営業休止中で、いつしかもしかしたら本当に記念館だけになってしまうのだろうか…と心配になってしまいました。

498_20170428191627797.jpg

スタンプは隣接の”南ふらの情報プラザ”にありました。

499_20170428191629049.jpg

スタンプは「ロケ地見学記念」でした。

593_201704281926037d4.jpg 

幾寅駅をあとにします。

500_20170428191933021.jpg

ここからは新千歳空港に向かいます。

503_201704281919345b6.jpg

途中、空知川沿いを通ったのですが、台風の水害の爪痕が残っている場所をいくつか見受け、心が痛くなりました。
通行止めのところだったり、通れはするものの、まだ痛々しい姿の道などありました。

505_20170428191936f2a.jpg

あれから半年、1年足らずが経ちますが、今はどうなっているのでしょうか。
もう少しするとまた台風の季節がやってきます。
今年は大きな水害がどこにも起こらないといいのに…と願うばかりです。

506_20170428191937a81.jpg

そして空港に到着。
飛行機に乗る前に夕食をいただきます。

507_20170428191939c15.jpg

北海道の最後はやっぱりみそラーメン。
”白樺山荘”というラーメン店でみそラーメンをいただきました。
ゆで卵サービスで食べられて大満足です。

510_20170428192948cd4.jpg

最後は雪印パーラーのソフトクリームで〆!
おつかれさまでした!

511_20170428192950e8d.jpg

こうやって振り返ってみると、内容薄め??な旅にも感じますが…
この旅で何度も思ったのは
「北海道はでっかいどー」
とにかくでっかい。思ったより広範囲に動けません。
わかっていても、まだどこかでわかっていないような…。
とにかく、充実した時間でした。
相変わらずのグダ記事でしたが、お付き合いいただいてありがとうございます。

次回からは 
2016年10月・横浜線と京急大師線
2016年10月・小田急ファミリー鉄道展2016
2016年10月・「2016荒川線の日記念イベント」・都電と都営地下鉄めぐり
をお送りします。 

今後ともよろしくお願いいたします

[ 2017/05/25 19:00 ] その他 | TB(0) | CM(2)

2016年9月・北海道の旅 その35 ~4日目 根室本線・布部駅-東鹿越駅~

今回は”2016年9月・北海道の旅 その35”をお送りします。

444_20170428182424764.jpg

富良野を離れて次は布部駅へ。

443_20170428182422041.jpg

こちらも「北の国から」に何度も出てくる場所です。
静かな無人駅でした。

445_2017042818242543c.jpg

次は山部駅へ。

452_20170428183924e84.jpg

立派な駅舎、きれいな待合室に少しおののいてしまいました。

453_20170428183925f8d.jpg

次は金山駅へ。

458_2017042818443470e.jpg

こちらも人の気配すらありませんでしたが、きれいにしている待合室でした。
反して、駅舎の外観はなかなか年季入っていました。

459_20170428184435134.jpg

駅ノートもきちんとされていて、きっときちんとされた方が管理しているんでしょう。

460_20170428184437294.jpg

次は東鹿越駅へ。

466_20170428184629ee5.jpg

こちらは少し寒々とした雰囲気がしたのをよく覚えています。
この時めぐっていた駅は、この夏の水害で普通になった区間で、そのためなのか、なんだか人もおらず静かな場所ばかりだった気がします。

468_20170428185313a35.jpg

この駅は今年の3月で廃止になる予定だったそうですが、このあたりの復旧に関連してか廃止を免れたそうです。
この時は富良野-新得間が営業休止でしたが、現在はこの駅、東鹿越-新得間が休止ということだそうです。

469_201704281853141e5.jpg

次回へつづく。

[ 2017/05/24 19:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

2016年9月・北海道の旅 その34 ~4日目 ふらのジャム園・麓郷時計回りの丘~

今回は”2016年9月・北海道の旅 その34”をお送りします。

431_201704281713304da.jpg

”ふらのジャム園”へ。

432_20170428175548852.jpg

ここでしばし買い物。
さまざまなジャムが置いてあって、いくらでも買いたくなるようなお店でした。
が、この日に飛行機に乗って帰るので…買い物はほどほどにしておきました。

595_20170428181230542.jpg 

そして、なんだか小高い丘へ連れて行ってもらいました。

433_20170428175549724.jpg

どうやら”時計周りの丘”というそうです。

436_20170428175557333.jpg

お花畑がきれいで、長い時間眺めていたくなるような景色でした。

434_20170428175551f5c.jpg

ラベンダーでは…ない。。

438_20170428181059ab8.jpg

愛と勇気も提供中。

437_20170428181057294.jpg

若い家族が楽しそうにしてらして、それをほほえましく見つつ。
いいですねー。

439_201704281811004dc.jpg

家族写真を撮るのをお手伝いしたりと、少しほっこりをおすそ分けしていただいたり。
のどかな時間でした。

441_2017042818110308e.jpg

かなり癒されて富良野をあとにします。

442_20170428182421feb.jpg

次回へつづく。

440_201704281811029b1.jpg 


[ 2017/05/23 19:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

2016年9月・北海道の旅 その33 ~4日目 五郎さんの拾って来た家・五郎の石の家~

今回は”2016年9月・北海道の旅 その33”をお送りします。

401_20170428165516c82.jpg

今回は富良野観光の模様をお送りします。。

396_201704281655136ee.jpg

「北の国から」の五郎さんが作った”拾ってきた家”を見てきました。

394_20170428165520246.jpg

「北の国から」今でも人気ありますよね。
産まれたころにはじまったドラマだったので、大きくなるにしたがってたまにやる2時間ドラマくらいの雰囲気で認識していました。

402_20170428165517176.jpg

田舎とは言え関東の片隅に住んでいる身としては、この世界の出来事はフィクションのように見える世界で。

395_20170428165522193.jpg

こんなに地域の人たちが集まっていたり、家のことに首突っ込んできたりとか。
もうこれはホラーなのか?とも思える状態ばかりでして。

400_20170428165514193.jpg

五郎さんの子どもに生まれなくてよかった…と思ってしまう自分がいまして。

410_20170428165543e9f.jpg

結果的に純や蛍がとんでもない人生を送ってしまうのもわからないでもないような気がして。

418_20170428165547dfd.jpg

見続けているとなかなか鬱になってしまいますが、なぜか見てしまうわけで。

412_20170428165546c6f.jpg

つづいて、五郎さんの石の家を見に行きました。

419_20170428165549ef0.jpg

リアルタイムには見ていない世代なので、たぶんリアルタイムで感じられる空気感というのはわかりかね、感じ取れていない部分が多くありそうです。

420_20170428170236428.jpg

リアルで純くんと内田有紀が結婚したのにはうれしく思えたのですが…
離婚されたのはちょっとさみしく思えます。
勝手な視聴者心理ってやつですね。

424_20170428170242f6b.jpg

見ていて雪子おばさんがかわいそうで仕方ない気持ちになってしまいます。
あんなによそ者に排他的なのですか。地方って。
こわすぎます。

429_20170428171328ec1.jpg

いろんなものを見ながら、あーでもないこーでもないと話したかったのですが、家族はまったく興味なし。
ならばなぜ一緒に行ったのだ?

425_20170428171324a96.jpg

けれど、そんな気持ちも気にならないくらい、気持ちのいい自然に癒されて過ごした時間でした。

428_201704281713272e2.jpg

スタンプもいくつか押せました。

546_20170428171836847.jpg 
585_201704281718396a9.jpg
583_2017042817183726c.jpg

もう少し富良野を楽しみます。
次回へつづく。

426_2017042817132570e.jpg
 

[ 2017/05/22 19:00 ] その他 | TB(0) | CM(2)