2016年10月・横浜線と京急大師線 その1~出発-横浜線・淵野辺駅~

今回からは”横浜線と京急大師線”をお送りします。

003_20170428235620b79.jpg

今回からは近場ふらりシリーズ。
昨年秋の横浜線と京急大師線のスタンプ集めに出かけたときの模様をお送りします。

004_20170428235622a0d.jpg

近すぎる路線のスタンプって、いつでも押せるからいいや・・・という気持ちでずっと放置し続けていました。
しかし、そろそろJRに関しては関東地方のスタンプを結構あつめたので、ちょっと空白として目につくかんじになってきて、気になっていました。

006_201704282356255c5.jpg

まぁそんなわけで今回は成瀬駅から。

002_20170428235619df1.jpg 

そういえば降りたことなかったかも。

 005_201704282356235ef.jpg  

でも、のんびりすることもなく、駅スタンプを押して次へ進みます。

077_2017043012425787d.jpg

次は古淵駅。

012_20170430130517093.jpg

こちらも駅スタンプだけ押して次へ進みます。
並木のデザイン気になります。
いい景色の場所がありそう。

078_201704301242593b4.jpg

次へ淵野辺駅。

013_20170430131412ef7.jpg

駅スタンプを押して次へ進みます。
淵野辺駅と言えば、駅前の公園に保存してあるSLが知られています。

079_20170430131850258.jpg

次回へつづく。

スポンサーサイト
[ 2017/05/26 19:00 ] 乗り鉄 | TB(0) | CM(0)

2016年9月・北海道の旅 その36 ~4日目 根室本線・幾寅駅-帰路~

今回は”2016年9月・北海道の旅 その36”をお送りします。

475_20170428185425bf5.jpg

まだまだ駅めぐり。
今回は幾寅駅からです。

476_20170428185426d03.jpg

「幾寅駅」なのに看板は「幌舞駅」
????

479_20170428190434836.jpg 

謎だらけでしたが、どうやら映画「鉄道員」のロケ地だったそうです。

478_20170428190432b1d.jpg

駅内には映画の展示が多くあり、見どころ満載です。

480_20170428190435dbb.jpg

広末涼子の若さに時の流れを感じます。
同年代なので。なおさら。。

481_20170428190436472.jpg

ほかにも、映画で実際に使われていたものがたくさん展示されていました。

483_20170428190837dfb.jpg

この映画は見ていないので、いつかは見てみようかなという気持ちになりました。

482_20170428190836d51.jpg

家族は興味津々でしたので、ほっておいてひとりで外に出ます。

486_201704281908421ad.jpg

外には映画で使われた「だるま食堂」や車両なども展示されていました。

477_201704281904318bf.jpg

駅というより、映画の記念館のような雰囲気の場所でした。
この時も現在も営業休止中で、いつしかもしかしたら本当に記念館だけになってしまうのだろうか…と心配になってしまいました。

498_20170428191627797.jpg

スタンプは隣接の”南ふらの情報プラザ”にありました。

499_20170428191629049.jpg

スタンプは「ロケ地見学記念」でした。

593_201704281926037d4.jpg 

幾寅駅をあとにします。

500_20170428191933021.jpg

ここからは新千歳空港に向かいます。

503_201704281919345b6.jpg

途中、空知川沿いを通ったのですが、台風の水害の爪痕が残っている場所をいくつか見受け、心が痛くなりました。
通行止めのところだったり、通れはするものの、まだ痛々しい姿の道などありました。

505_20170428191936f2a.jpg

あれから半年、1年足らずが経ちますが、今はどうなっているのでしょうか。
もう少しするとまた台風の季節がやってきます。
今年は大きな水害がどこにも起こらないといいのに…と願うばかりです。

506_20170428191937a81.jpg

そして空港に到着。
飛行機に乗る前に夕食をいただきます。

507_20170428191939c15.jpg

北海道の最後はやっぱりみそラーメン。
”白樺山荘”というラーメン店でみそラーメンをいただきました。
ゆで卵サービスで食べられて大満足です。

510_20170428192948cd4.jpg

最後は雪印パーラーのソフトクリームで〆!
おつかれさまでした!

511_20170428192950e8d.jpg

こうやって振り返ってみると、内容薄め??な旅にも感じますが…
この旅で何度も思ったのは
「北海道はでっかいどー」
とにかくでっかい。思ったより広範囲に動けません。
わかっていても、まだどこかでわかっていないような…。
とにかく、充実した時間でした。
相変わらずのグダ記事でしたが、お付き合いいただいてありがとうございます。

次回からは 
2016年10月・横浜線と京急大師線
2016年10月・小田急ファミリー鉄道展2016
2016年10月・「2016荒川線の日記念イベント」・都電と都営地下鉄めぐり
をお送りします。 

今後ともよろしくお願いいたします

[ 2017/05/25 19:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

2016年9月・北海道の旅 その35 ~4日目 根室本線・布部駅-東鹿越駅~

今回は”2016年9月・北海道の旅 その35”をお送りします。

444_20170428182424764.jpg

富良野を離れて次は布部駅へ。

443_20170428182422041.jpg

こちらも「北の国から」に何度も出てくる場所です。
静かな無人駅でした。

445_2017042818242543c.jpg

次は山部駅へ。

452_20170428183924e84.jpg

立派な駅舎、きれいな待合室に少しおののいてしまいました。

453_20170428183925f8d.jpg

次は金山駅へ。

458_2017042818443470e.jpg

こちらも人の気配すらありませんでしたが、きれいにしている待合室でした。
反して、駅舎の外観はなかなか年季入っていました。

459_20170428184435134.jpg

駅ノートもきちんとされていて、きっときちんとされた方が管理しているんでしょう。

460_20170428184437294.jpg

次は東鹿越駅へ。

466_20170428184629ee5.jpg

こちらは少し寒々とした雰囲気がしたのをよく覚えています。
この時めぐっていた駅は、この夏の水害で普通になった区間で、そのためなのか、なんだか人もおらず静かな場所ばかりだった気がします。

468_20170428185313a35.jpg

この駅は今年の3月で廃止になる予定だったそうですが、このあたりの復旧に関連してか廃止を免れたそうです。
この時は富良野-新得間が営業休止でしたが、現在はこの駅、東鹿越-新得間が休止ということだそうです。

469_201704281853141e5.jpg

次回へつづく。

[ 2017/05/24 19:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

2016年9月・北海道の旅 その34 ~4日目 ふらのジャム園・麓郷時計回りの丘~

今回は”2016年9月・北海道の旅 その34”をお送りします。

431_201704281713304da.jpg

”ふらのジャム園”へ。

432_20170428175548852.jpg

ここでしばし買い物。
さまざまなジャムが置いてあって、いくらでも買いたくなるようなお店でした。
が、この日に飛行機に乗って帰るので…買い物はほどほどにしておきました。

595_20170428181230542.jpg 

そして、なんだか小高い丘へ連れて行ってもらいました。

433_20170428175549724.jpg

どうやら”時計周りの丘”というそうです。

436_20170428175557333.jpg

お花畑がきれいで、長い時間眺めていたくなるような景色でした。

434_20170428175551f5c.jpg

ラベンダーでは…ない。。

438_20170428181059ab8.jpg

愛と勇気も提供中。

437_20170428181057294.jpg

若い家族が楽しそうにしてらして、それをほほえましく見つつ。
いいですねー。

439_201704281811004dc.jpg

家族写真を撮るのをお手伝いしたりと、少しほっこりをおすそ分けしていただいたり。
のどかな時間でした。

441_2017042818110308e.jpg

かなり癒されて富良野をあとにします。

442_20170428182421feb.jpg

次回へつづく。

440_201704281811029b1.jpg 


[ 2017/05/23 19:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

2016年9月・北海道の旅 その33 ~4日目 五郎さんの拾って来た家・五郎の石の家~

今回は”2016年9月・北海道の旅 その33”をお送りします。

401_20170428165516c82.jpg

今回は富良野観光の模様をお送りします。。

396_201704281655136ee.jpg

「北の国から」の五郎さんが作った”拾ってきた家”を見てきました。

394_20170428165520246.jpg

「北の国から」今でも人気ありますよね。
産まれたころにはじまったドラマだったので、大きくなるにしたがってたまにやる2時間ドラマくらいの雰囲気で認識していました。

402_20170428165517176.jpg

田舎とは言え関東の片隅に住んでいる身としては、この世界の出来事はフィクションのように見える世界で。

395_20170428165522193.jpg

こんなに地域の人たちが集まっていたり、家のことに首突っ込んできたりとか。
もうこれはホラーなのか?とも思える状態ばかりでして。

400_20170428165514193.jpg

五郎さんの子どもに生まれなくてよかった…と思ってしまう自分がいまして。

410_20170428165543e9f.jpg

結果的に純や蛍がとんでもない人生を送ってしまうのもわからないでもないような気がして。

418_20170428165547dfd.jpg

見続けているとなかなか鬱になってしまいますが、なぜか見てしまうわけで。

412_20170428165546c6f.jpg

つづいて、五郎さんの石の家を見に行きました。

419_20170428165549ef0.jpg

リアルタイムには見ていない世代なので、たぶんリアルタイムで感じられる空気感というのはわかりかね、感じ取れていない部分が多くありそうです。

420_20170428170236428.jpg

リアルで純くんと内田有紀が結婚したのにはうれしく思えたのですが…
離婚されたのはちょっとさみしく思えます。
勝手な視聴者心理ってやつですね。

424_20170428170242f6b.jpg

見ていて雪子おばさんがかわいそうで仕方ない気持ちになってしまいます。
あんなによそ者に排他的なのですか。地方って。
こわすぎます。

429_20170428171328ec1.jpg

いろんなものを見ながら、あーでもないこーでもないと話したかったのですが、家族はまったく興味なし。
ならばなぜ一緒に行ったのだ?

425_20170428171324a96.jpg

けれど、そんな気持ちも気にならないくらい、気持ちのいい自然に癒されて過ごした時間でした。

428_201704281713272e2.jpg

スタンプもいくつか押せました。

546_20170428171836847.jpg 
585_201704281718396a9.jpg
583_2017042817183726c.jpg

もう少し富良野を楽しみます。
次回へつづく。

426_2017042817132570e.jpg
 

[ 2017/05/22 19:00 ] その他 | TB(0) | CM(2)